自社サイト

自社サイト販売の集客で絶対に欠かせないインフルエンサーの選定基準

自社サイトの集客で外すことのできない、youtube、ツイッター、インスタグラムなどのSNSを使った「インフルエンサーマーケティング」をご存知でしょうか?

僕がコンサルをさせて頂いている自社サイト販売に取り組むコンサル生の中にも
インフルエンサーを使った集客方法で月商800万を達成し利益率30%オーバーを得ている方や
月商100万円の利益率35%を達成している方など多くの方がこの方法を実践し結果を出しています。

過去記事はこちら
この方は広告を一切使用せず年末に売上300万を達成しています。

そんなインフルエンサーマーケティングですがこの手法を軸に取り組んだ方達の8割の方は上手くいきません。
僕のところ相談に来られる方のなかにも取り組んではみたものの上手くいかずに再チャレンジしたいという方も多くいらっしゃいます。

同業者のサイトをみても過去にインフルエンサーマーケティングをしていたのに今は辞めてしまっているショップが多く存在します。
1、2カ月取り組んで費用対効果が合わず継続できなかったのでしょう。
かなり勿体ないですけどね。

今回は特に問い合わせの多いインスタグラム集客のインフルエンサー選定基準についてお伝えしていきます。

ショップコンセプトの明確化

あなたが取り扱う商品は誰をターゲットにしているのかを、
はっきりさせましょう。

ペルソナが明確でないと売上を最大限に伸ばすことは難しいです。

「ペルソナ」とは商品やサービスを利用する顧客の中で最も
重要な人物モデルのことです。

自社サイトのアパレル販売ではインフルエンサーへのギフティングを
活用しブランドを認知させていくのですがペルソナが不明確だと、

インフルエンサーの選定にもブレが生じてギフティングをして、
商品のPRをしてもらっても効果を見込めません。

PRしてもらいた商品がコスプレの衣装なのにインフルエンサーの
フォロワー数が多いからといった理由でカジュアルファッション系の
インフルエンサーにコスプレ商品をPRしてもらっても売れませんよね。

そのインフルエンサーをフォローしている人の大半はカジュアル系ファッションに
興味があるのであって、コスプレ商品には興味のない人たちばかりのはずです。


様々なカテゴリーの商品を取り扱う何でも屋としてショップを
運営するのもインフルエンサーを最大限に活かすことができないので辞めましょう。

広告ありきの単価の高い商品であれば別ですが。

プチプラのアパレル販売では商品の単価が安いため、
広告に頼りきった販売手法は利益を圧迫することになりオススメしません。


特にオープン間もないうちはインフルエンサーを活用したギフティングを、
積極的に取り入れた方がコスパが良いです。

あなたの販売する商品のターゲットの年齢層や人物像は誰なのか、
ペルソナを明確にしたうえでインフルエンサーギフティングの依頼をするようにしましょう。

インフルエンサーの選定基準

反応のとれるインフルエンサーの選定基準として
以下の条件は抑えておきましょう。

※ここでいう「反応のとれる」は商品が売れる、フォロワー、いいねが増える、PRしてもらうことで何かしらのアクションが起きるインフルエンサーのこと。

●商品とマッチしているか
●フォロワーの属性は適正か

先ほどもお伝えした通り商品とインフルエンサーに関連性がなければ
どんなにフォロワー数の多いインフルエンサーに商品をPRしてもらっても効果を見込むことはできません。

「フォロワー数」の数字が大きいだけで、
パワーインフルエンサーと判断してしまうのは失敗の原因です。

実際にはツールやフォロワー購入で集めた
外国人フォロワーだらけだったり、

提供する商品が女性向けの商品なのにインフルエンサーを、
フォロワーしている殆どが男性だったりと失敗に終わる可能性が高いです。

インスタグラムで活動するインフルエンサーの中には見栄のために
意味のないフォロワーを増やしている人も多いです。

インフルエンサーが配信するターゲットについて、
事前にリサーチをすることは必須です。

それからエンゲージメント(いいね数、コメント数)も判断基準のひとつです。

フォロワーが多いのにいいね数、コメント数が少ないのはコアなフォロワーがいないか、インチキをして集めた見せかけのフォロワーなのかもしれません。

マイクロインフルエンサーの使い方

オープンしたばかりのショップであれば、10万人以上のインフルエンサーを使うよりも
フォロワー数が5万人以下のマイクロインフルエンサーに商品をPRしてもらう方が、
結果を出しやすく継続もしやすいです。

影響力が弱いので一度の投稿では大きな売上を見込めませんが、
継続していくことでショップの認知度を上げてフォロワー数を増やすことができます。

パワーインフルエンサーになるとオファーが集中しているので、
なかなか依頼を引き受けてくれないこともありますが

マイクロインフルエンサーレベルは高確率でオファーを引き受けてもらうことができます。

方向性が決まっていないインフルエンサーも多いので見極めは必要です。

まとめ

インスタグラムのギフティング手法は古いなどいう方もいますが、
資金力がなく無名のブランドを認知させていくにはピッタリの手法ですし効果はあります。

面倒で多くの人が継続できないからこそやる意味がありますし後々得られる効果も大きいのです。

この手法を取り入れているガチ勢がそれほど多くない今こそがチャンスですが、
一筋縄ではいかないのもインフルエンサーマーケティングの特徴です。

特にマイクロインフルエンサーでは同じ系統の商品を扱っているそれぞれのショップが同じインフルエンサーに商品をPRしてもらっても、50個の商品が売れる場合もあれば10個しか売れないということも起こりえます。

PRするタイミングやそのインフルエンサーの影響力が低下していたり、
理由は様々考えられますが、その変化は継続し続けていくなかで感じ取れるものです。

コンサルで自社サイトでアパレルを販売する方法についてもお伝えしているので、
あまり突っ込んで書けませんでしたが、プラットフォームに頼らない自社サイトでの販売に
興味のある方は伊藤のコンサル無料面談からご連絡ください。

コンサル無料面談はこちらから応募お願いします。

ピックアップ記事

  1. 趣味の分野で成功できない人
  2. 知識が必要なマニアックな商品
  3. 中国からの直送はZC便を使ってみよう
  4. レビュー評価を参考にした仕入れ判断
  5. SEOを意識したショップ名

関連記事

  1. 自社サイト

    自社サイトでノーブランド品が売れない原因は商品選定かもしれない!?

    僕が中国輸入ブログでアパレル販売のことを度々記事にしているので自社…

  2. ネットショップ

    カート離脱率を改善する方法

    サイトのカート離脱率気にかけていますか?ECサイトを利用する消…

  3. amazon

    LINE@を使った外部集客でアマゾン販売スタートダッシュ

    BASEを約1年間運営して集めたLINE@のリストを使ってamazon…

  4. アパレル

    自社アパレル販売で結果の出ない人の共通点

    自社アパレル販売で上手くいってない人のやり方には共通点があります。…

  5. 自社サイト

    最新版 広告を掛けずにネットショップへ集客する方法

    自社ネットショップの最大の課題は集客です。自分だけのネットショップ…

  6. アパレル

    自社ブランド販売で売上が伸び続けるコンサル生の声

    自社サイトでアパレル販売(D2C)に取り組むN.Nさんからコンサル生の…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 中古車販売

    中古車転売メルセデス編
  2. コンサル

    単純転売には不安がつきもの
  3. 楽天ショップ

    楽天ショップ罰金制度
  4. メルカリ

    メルカリツールまとめ
  5. メルカリ

    出品規制対策後のメルカリ販売
PAGE TOP