アパレル

自社ブランド販売で売上が伸び続けるコンサル生の声

自社サイトでアパレル販売(D2C)に取り組むN.Nさんからコンサル生の声を頂きました。
初心者の方でも正しい方法で取り組めば自社サイト(D2C)で売上を立てることができますよ。
アカウント削除に怯えることのない積み上げ型の自社サイト販売に挑戦したい方はぜひ参考にしてください。

僕のLINE@ではECサイトで稼ぐ方法について最新情報を配信しているので登録お願いします。
友だち追加

N.Nさんコンサル生の声



 

感想

N.Nさんは副業として元々BUYMAでノーブランドアパレルからの欧米ブランド品の販売をしていたのですが思うような売上が上がらず
僕にご相談を頂いたのが最初でした。

余談になりますが、BUYMAノーブランドアパレルの販売についての問い合わせを多く頂きますが、相変わらずBUYMAでは
ノーブランドアパレルの
販売は一部のバイヤーに限られていて新規参入は難しい状況です。
ある方法を使えばノーブランドアパレルをBUYMAで販売することもできますが長期的に販売し続けられる保証もありません。

国内のプラットフォームの中でBUYMAほどノーブランドアパレルを高く販売できるサイトは他にないのでノーブランドアパレルを
取り扱う人が
BUYMA販売にこだわる理由もよく分かります。が、、、

仮にノーブランド品の販売が出来たとしてもBUYMA独特の厳しい品質ルールやアカウント削除に怯えるストレスが常に付きまとうことを考えたら次のステップとして自社サイトでアパレル販売に取り組むことに挑戦した方がいいと僕は思います。
スキルアップもできるし売上も安定してアカウント削除に怯えることもないのですから。

話を戻しますが、
僕がN.Nさんのコンサルを引き受けたのは「これで結果をだせなかったらもう物販を辞めるという覚悟」がN.Nさんにあったからです。
それまで複数のコンサルを受講していて受講料だけでも大赤字の状況で泣きながら絶対に結果をだしたいのでお願いしますという言葉は本物でした。

本業でどんなに忙しくても日報を送ってくださるのですが1日の注文数、ショップファン数、PV数をみることでサボっていないかよく分かります(笑)

売上はまだ少ないですが利益率が35%となかなかの数字ですし、ショップファン数も月ごとに増えているので年内に月商250万越えは堅いのではないかと思います。

N.Nさんと同じくらいの規模から開始して、今では有名ショップとなった地方を拠点とする某ショップさんを超えるショップになって欲しいと期待してます。

まとめ

楽天もヤフショもアマゾンもSHOPLISTも良いけど、どのプラットフォームの売上よりも自社サイトで売上が上がる方が嬉しいと思うのは僕だけだろうか、売上の重みが違う。

自社サイト販売に取り組んでいるコンサル生の卒業は安心して見送ることができます。
どんなに売上を上げていてもアカウント削除されたらまた1構築していくのは大変ですからね。

僕のLINE@ではECサイトで稼ぐ方法について最新情報を配信しているので登録お願いします。

友だち追加

ピックアップ記事

  1. 楽天ショップを使ったリサーチ
  2. 事業と投資
  3. 中国からの直送はZC便を使ってみよう
  4. Qoo10のQFSとは?
  5. 趣味の分野で成功できない人

関連記事

  1. 自社サイト

    ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?

    今回は「カラーミーショップ」「BASE」この2つのサイトを元に比較をし…

  2. BUYMA

    BUYMAは稼げるのか?

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  3. アパレル

    激安アパレルに完璧を求めない

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  4. ネットショップ

    カート離脱率を改善する方法

    サイトのカート離脱率気にかけていますか?ECサイトを利用する消…

  5. 自社サイト

    Shopify、BASEを使った自社ブランドアパレル販売の変化 2021年度版

    ShopifyやBASEを使った自社ブランドアパレルの販売手法…

  6. CHINA

    アパレルデザイナーの技術必要なし

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. amazon

    アマゾンリサーチに必須の拡張ツール
  2. amazon

    アパレル仕分け風景
  3. 貿易

    中国パートナーが辞めました
  4. amazon

    Amazonからの真贋に関するご連絡
  5. アパレル

    アパレルの売れやすい価格、年齢層とは? 
PAGE TOP