amazon

amazon不正レビューをツールでチェック

アマゾンが不正レビューの取り締まりを強化していることもあり販売間もいのに
1週間で数百、数千とレビューをつけて上位表示されてるカタログは減っています。

一時的に、沢山のレビューが付いているカタログも存在しますが
その後アマゾンにレビューを消されています。

まともなレビューが消されてしまうこともあるので
その点についてはアマゾンに改善をお願いしたいですね。

消されやすいレビューの特徴としては文字数が多いものは
消されやすく文字数が短いレビューは消されにくい印象です。

さて今回はそんな不正レビューをチェックできるツールをご紹介します。

不正レビューをチェックできるツール

不正レビューをしているカタログの見極め方は

・販売間もないのにレビュー数が多い
・ニックネームが日本語名フルネーム
・★5が多すぎる
・レビュー投稿者の過去のレビューが関連商品
・メルカリなどで転売されている
などです。

カタログを細かくみていくと不自然な点がいくつもあるので
直ぐに分かると思いますが、より正確に不正レビューがされている
カタログなのかを判断するにはツールを利用する方法もあります。


https://reviewmeta.com/

このツールはレビュー投稿者の過去のレビュー、投稿日、評価点、表現過多の単語数など
を様々な角度から分析をして不正なレビューがされているかを調べることができます。

販売間もないのに一気に上位表示させることができているカタログは
多かれ少なかれレビュー操作や●●●●●をしているセラーが多いです。

あまり知られていませんが、レビューを投稿する時間帯、文字数、
商品の買い方などもSEOに関係します。

ただ、それだけでは上位表示を維持し続けることはできないので
カタログの最適化はもちろんのこと、スポンサープロダクトなどの

アマゾン内広告を精度高く運用していたり
外部集客など上位表示させる為のSEOを様々しています。

また昔ほどレビュー数は重要ではなくなってきているので
レビュー数が少なくてもキーワード選定を徹底しスポンサープロダクト広告を
最適に運用することで上位表示をさせることができます。

ピックアップ記事

  1. BASE Mag審査クリアの方法
  2. 知識が必要なマニアックな商品
  3. アリババ日本法人 コンサル
  4. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  5. 単純転売には不安がつきもの

関連記事

  1. amazon

    アマゾンを基準にすると失敗する理由

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤です。…

  2. amazon

    Amazon無償、割引提供を受けたレビュー禁止へ

    Amazon.comでは10月に無償、割引提供を受けたレビューは禁止に…

  3. amazon

    アマゾンOEMリサーチどれがいい?

    先日の記事でアマゾンでOEM販売をする際の商品リサーチには「中…

  4. amazon

    アマゾンID再取得と楽天違反点数制度 質問編

    ここ最近で質問の多かった、amazonアカウント再取得 楽天ショッ…

  5. amazon

    amazon販売で参入障壁の高い商品とは?

    今回は許可が必要な参入障壁高めの商品を販売していきたい方向けの商品…

  6. amazon

    外注さんの離脱率は高い

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!ども、…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. アパレル

    ダウンジャケット詐欺の実態
  2. CHINA

    タオバオ以外の中国サイト仕入先
  3. 貿易

    天候が原因で発送遅延
  4. アパレル

    アパレルの売れやすい価格、年齢層とは? 
  5. 物流

    複数の配送業者を使う理由
PAGE TOP