amazon

規格外のアマゾンツール


人気ブログランキングへ
応援宜しくお願いします!!


あのAmazon「公式サイト」上で
儲かる情報が"視覚的に"表示される

規格外の非公開ツールが登場したのはご存知ですか?

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1110102/9KcMnu15-HfpTIHcr/



無料で使えるみたいですね。

実はこのツールの開発者は僕の友人で

有本さんという方です。


自動化ツールの開発のレベルは恐らく業界一だと思います。

世界中のツールを研究し尽くし、

その中からイイトコドリして

さらに強烈な機能を搭載させる…


そんなツール(システム)を次々に開発しています。

最近では"世界中"のAmazonのデータを手に入れて

何やら悪企みをしていました…



そして、その企みが
まさか、
こんなシステムに変貌を遂げるとは・・・驚きです。


【Google認可】
 Amazon公式サイトに表示される
 儲かるデータ表示サービス

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1110102/9KcMnu15-HfpTIHcr/

詳しくはサイトを見て頂いた方が


画像で解説されているので、
わかりやすいですが、


簡単に言うと、

1、このツールをインストールして、

2、Amazonでネットサーフィンするだけ

これだけで儲かる商品が見つかります!



なぜなら、

この非公式機能を使えば、

いつも利用している、あのAmazonのサイトに

"世界の価格差"や"売れてるかわかるグラフ"が

表示されるからです!




いつも使っている
Amazonの商品ページで

クリックしていくだけで、

儲かる商品かわかってしまいます。




これまでe-bayなどの海外サイトとか

色んな分析サービスを



チェックしないとわからなかったデータが

Amazonのページを開くだけで

文字通り、一瞬でわかってしまいます。



この非公開機能の"活用法"も公開すると言っていたので、

無料で配られている内に手に入れておいて、

実際に使ってみる事をオススメします。



googleに認可されてるとは言え、

普段は一般公開はされていません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このタイミングで手に入れといて損はないと思います。

というより、貰っとかないと勿体無いです。



⇒
http://directlink.jp/tracking/af/1110102/9KcMnu15-HfpTIHcr/
転売とは関係ありませんが、 Amazon買おうと思ってた、とあるキャンプ用品が 


アメリカだと17,000円も安かったので、 
ビックリしました(笑) まずは欲しかった家電とか家具とか、 
色々と見てみるとおもしろいですよ^^

 

ピックアップ記事

  1. 中国輸入で中国語は必要ない
  2. 知識が必要なマニアックな商品
  3. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  4. 中国人トップセラーに絞ったリサーチ
  5. 中国からの直送はZC便を使ってみよう

関連記事

  1. amazon

    不正レビューがなくなる?アマゾンレビューポリシー

    アマゾン社員が報酬を受けてネガティブレビューを削除していたなどのニュー…

  2. amazon

    Amazonの大いなる野望

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!&nb…

  3. amazon

    中国商品の探し方

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!&nb…

  4. amazon

    【中国輸入】稼げないパターンにハマる45人

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊…

  5. amazon

    中国輸入完全終了のお知らせ

    人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします!!&n…

  6. amazon

    Amazon評価削除のコツ

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. amazon

    世界中のバイヤーが購入する商品に注目
  2. amazon

    アパレル仕分け風景
  3. 自社サイト

    最新版 広告を掛けずにネットショップへ集客する方法
  4. amazon

    中国人トップセラーに絞ったリサーチ
  5. リサーチ

    OEM、ODMするときのネタの探し方
PAGE TOP