リサーチ

リサーチ嫌いだけど稼ぎたい人へ


人気ブログランキングへ
応援宜しくお願いします!!

 

伊藤です。

中国輸入で稼ぎたい気持ちがあるのに

リサーチはやる気になれない。。。

矛盾してる(笑

 

心当たりある人いませんか?

輸入で稼ぎたいのにリサーチが

出来ないってことは致命的。

 

既に結果を出している人からすれば

「そんなヌルイこと言ってるくらいなら、諦めちゃえば!」と言われれば

それまでですが・・・。

 

でも僕もその気持ちよく分かります。

 

僕自身、新規商品のリサーチは好きですが

Amazonでいう相乗り(既に出品されている)

商品のリサーチはあまり好きではありません。

 

例えばAmazon販売の場合、

全くの初心者からしたらどの商品が

中国商品なのかも分からないし、やっと見つけた商品も

ライバルが多くて価格差もなかったり・・・

 

そしていざ仕入れをしようと思ったら

リサーチに時間が掛かりすぎて利益がでずマイナスってことも。

そうなれば絶対に稼ぐ!!と思って始めたのに

モチベーション下がりますからね。

 

初心者の方が一気に成長していく為には

リサーチ⇒仕入れ⇒販売

この流れを早くしてまずは商品を販売して

本当に「売れるんだ」という感覚を掴むことです。

 

自分の選んだ商品が売れていく、そして

「利益」がでる、この当たり前なことが

次も頑張ろう!!

 

同じような商品をいくつも見つければ

利益がこれくらいになるな。

 

というように目標をイメージすることが

少しづつ出来ていきます。

 

だからこそ一番最初のリサーチが大切です。

 

でもそんなリサーチがストレスになるくらいなら

最初から外注を使って人にやってもらいましょ。

 

そして上がってきたリサーチリストを見て

今、売れている商品はどんな商品なのか?

こんなモノも中国商品なのか?

というように理解していくのも全然ありです。

 

人によってはリサーチの外注はある程度経ってから

と言う人もいますが、そんなの関係ないですよ。

 

ただ、本当にその商品を

仕入れていいものなのかは自分の判断になるので

リサーチの流れ、商品選定基準など

理解しておかないといけません。

 

忘れてならないのは中国輸入で稼ぐと決めたのなら

「どんな手を使ってでも結果をだす」ことです。

 

自分でやるか?人にやらせるか?

多少、順番が前後したっていいです。

 

自分にとってテンションの上がる

やり方を見つけてくださいね。

 

PS

たくさんのご応募ありがとうございました。

コンサル枠残り1名になりました。

Amazon、楽天ショップ、ヤフーショッピングでの

僕が実践している事の全てを各コースに分けて

マンツーマンでお伝えします。

詳細希望の方は、こちらからお願いします。

→ http://bit.ly/ZpMrt8

ピックアップ記事

  1. アリババ日本法人 コンサル
  2. 中国からの直送はZC便を使ってみよう
  3. 事業と投資
  4. アリババ創業者ジャックマー
  5. お客様が望む商品の状態とは?

関連記事

  1. amazon

    セット販売は組み合わせが重要

    こんばんわ、伊藤です。PCデスクと男性マネキンのセットが、…

  2. アリエクスプレス

    中国輸入 アリエクスプレス活用術

    アリエクスプレスを使ってリサーチする時のポイントを説明していきます…

  3. アパレル

    代行業者不要のファストファッションサイト

    代行業者を通さずに直接海外から商品を購入できるファストファッション…

  4. リサーチ

    ブラックカード

    前からヤフオクで高値で取引されてるアメックスのブラックカード。…

  5. リサーチ

    コロナウィルスの影響で今売れている商材とは?

    新型コロナウィルスの影響でインターネット通販の売上が伸びています。…

  6. リサーチ

    ハイエナになれ

    いつもありがとうございます。アックスです。今日はある商品を徹底的にリサ…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 未分類

    毎日出金が可能なラクマとは
  2. CHINA

    公安が偽物製造工場を摘発
  3. 中古車販売

    中古車転売メルセデス編
  4. amazon

    世界中のバイヤーが購入する商品に注目
  5. 貿易

    メーカー側になってみる
PAGE TOP