ブログ

安否確認サービス

今回の震災は国内地震観測史上最大の地震になっています。

今回の災害によって大勢の方が、地震・津波・火災などにより
被災されてることが、明らかになってきています。

皆様のご無事を心から願います。

被災により安否の確認が、取れない方も多いかと思います。

地域によっては携帯電話がつながりにくくなっていますが、
下記のいくつかのサイトから安否の確認が出来るサービスがあります。

・グーグル

http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

・グーグル Person Finder: 2011 日本地震

http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

通信各社の災害用伝言板は以下の通り。

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス

→http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html

伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi。

▼KDDIの災害用伝言板サービス

EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。

安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/。

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板

→http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/。

▼NTT東日本

→http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html

災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板

→http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/。

他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/。

▼イー・モバイルの災害用伝言板

→http://emobile.jp/service/option1.html#saigai

アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/。

安全な場所で、ご家族やご近所の方々と共に励まし合いましょう。

力をあわせてこの困難を乗り越えていきましょう。
皆さんのご無事をお祈りしています。

ピックアップ記事

  1. 中国人トップセラーに絞ったリサーチ
  2. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  3. ビジネスプランは書かない方がいい
  4. Amazon規約違反
  5. Qoo10の稼ぎ方

関連記事

  1. ブログ

    可能性は無限大でしょ

    今日カフェでの打ち合わせ中、僕のとなりに座っていた30代の男性が電話を…

  2. ブログ

    若きスナフキン 成長日記

    今日からブログ開始。色々な情報や日々の出来事を書いていきます!!…

  3. ブログ

    10人中9人が勘違いをしていること・・・・・・

    たいした話でなくてごめんなさい^^ 有吉弘行の名前の読み…

  4. ブログ

    おいしい空気は売れる!?

    売れる商品が見つからない。困ったなぁ。。。そんな時に…

  5. ブログ

    いったい誰が何のために・・・・

    こんなもの誰が買ったのだろうか教えてくれ!!何に使う…

  6. ブログ

    アパレル仕入れに絶句

    社長ブログ ブログランキングへ応援よろしくお願いします!!…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. アカウント削除

    VPSでアカウント削除ってマジ?
  2. マインド

    せどりと中国輸入の違い
  3. amazon

    低評価でも売れる!?
  4. メルカリ

    出品規制対策後のメルカリ販売
  5. amazon

    amazon販売で参入障壁の高い商品とは?
PAGE TOP