リサーチ

国内卸業者仕入れ

必ずしも中国から商品を仕入れた方がいいとは限らないんです。
 
商品によっては国内の卸業者から仕入れた方がロット数の
制限が中国よりも少ない、品質面に安心感がある、
納期が速いなどのメリットがあることもあります。
 

僕もいぜん経験があるのですが、とある商品(アパレルジャンル)をどうしても
日本で販売したくて中国の工場や市場で血眼になって探したことがあります。
でも、全ての条件にあてはまる業者には出会えませんでした。
 

日本で人気のサイズが中国では殆どニーズがなかったので、
僕が求めるサイズは全サイズOEM制作をしなければならず
資金面のリスクを考えてその時は断念しました。
 

その商品は国内では既に大手が楽天市場、ヤフーショッピング、Qoo10などで
販売していましたが、まだまだ市場に空きがあってとうじ僕以外にも実際に販売している
ショップもいましたから仕入れができない訳がないとは思っていましたから
簡単には諦めませんよね(笑
 

それでリサーチしたのが国内の卸業者で、ネット検索で
「●●卸業者」 で該当した業者に片っ端から連絡して取引先をみつけました。
 

その商品の老舗卸業者で中国に
自社工場を持って日本全国に卸販売をしている業者なのですが
仕入れ価格も想定内の範囲で品質管理も徹底されていますからとうぜん検品の必要もなく
OEMも対応していましたからすんなり取引開始することができました。
 

卸業者の場合、全て現金取引が基本になりますが
着金したら大体次の日には発送してくれますからかなりスピーディーです。
 

卸業者と取引する場合、大概の業者は個人事業主又は法人で
現金取引ができれば交渉に応じてくれます。
 

話が少しずれますが、
国内で開催される展示会なども一度は参加してみてください。

出展していた会社が販売していたオリジナル商品を特別に卸してもらったという
コンサル生さんもいますし、最近ですと海外の総代理店になってその商品を
展示会で出展している方も増えてきているので学びは多くあると思います。
 

伊藤のブログが光栄なことに、○位です!!
中国輸入の有益な情報も多いので探してみてください。
 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


 

インスタで物販情報配信中です!
https://www.instagram.com/1688.import/
 

ピックアップ記事

  1. 外注さんの離脱率は高い
  2. アパレル販売に特化したコンサル
  3. 独自ショップの無料でできる集客方法
  4. お客様が望む商品の状態とは?
  5. ノーブランド品のBUYMA販売は?

関連記事

  1. 未分類

    30秒でネットショップが完成

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  2. amazon

    中国人トップセラーに絞ったリサーチ

    アマゾンの新規販売で売れそうな商品を効率的に見つける方法につい…

  3. 未分類

    Amazon→カート強奪

    社長ブログ ブログランキングへ応援よろしくおねがいします!…

  4. アパレル

    代行業者不要のファストファッションサイト

    代行業者を通さずに直接海外から商品を購入できるファストファッション…

  5. amazon

    アマゾンOEMリサーチどれがいい?

    先日の記事でアマゾンでOEM販売をする際の商品リサーチには「中…

  6. 未分類

    リサーチはしつこく

    社長ブログ ブログランキングへ応援よろしくお願いします!&…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. マインド

    ビジネスプランは書かない方がいい
  2. yahoo

    魅せるデザインと売れるデザイン
  3. ネットショップ

    独自ショップの無料でできる集客方法
  4. amazon

    Amazon無償、割引提供を受けたレビュー禁止へ
  5. マインド

    価値のある失敗談
PAGE TOP