アパレル

代行業者不要のファストファッションサイト

代行業者を通さずに直接海外から商品を購入できる
ファストファッションサイトをご紹介します。
 

今回はファッションサイトを中心に紹介していきます。
サイトによっては毎週新作が出てきますのでお客さんに飽きられにくいですし
価格も1万円以下の商品も多くセールも頻繁に行われていますのでBUYMAなどで15~30%は利益をとることができます。
 
納期も7~21日くらいのショップが殆どですので無在庫販売に適している仕入れ先になります。
 

海外で人気のファストファッションのデザインを真似したノーブランド商品は人気がありますので
中国輸入のアパレル販売をしている人はリサーチとしても使えると思います。
 

ASOS
http://www.asos.com/
10代〜30代位の低所得層がターゲットのイギリスのプチプラブランドで、レディース・メンズ共に人気が高いです。
ただ定番すぎてライバルが多いのが特徴です。
 

River Island
https://www.riverisland.com/
世界中で300店舗以上が展開されている、asosでもセレクトされている人気ブランド。
 

Chi Chi London
https://www.chichiclothing.com/
ゴージャスでトレンド感のあるドレスがリーズナブルな価格で 手に入れることができるので 結婚式や二次会、
謝恩会などのシーンに合わせてドレスをチョイスできます。
 

saboskirt
https://saboskirt.com/
インスタグラムを開始してからは売り上げが急成長したオーストラリア発のブランド。
 

TOPSHOP
http://www.topshop.com/
レディース、メンズウェアともに展開するロンドン発のハイストリートファッションをリードするSPAブランド。
 

LIPSY
http://www.next.co.uk/lipsy
パーティー仕様のドレス、ワンピース、バックなどがお手ごろ価格で購入することができます。
画像に厳しいのでサイト上の画像をそのまま使う時には注意が必要です。
 

missguided
https://www.missguided.co.uk/
イギリスの若者向けのファッションブランドでテイラー・スウィフトやニッキー・ミナージュなどの
著名人も愛用していることで有名です。
 

ファストファッションはただ出品していくだけで商品知識も必要なく販売できるので
初心者の方には取り組みやすい商品です。
 

これら以外にも代行業者不要のファストファッションサイトは多くあります。
購入方法はどのサイトも似ていますし難しくないので挑戦してみてくださいね。
 

伊藤のブログが光栄なことに、○位です!!
中国輸入の有益な情報も多いので探してみてください。
 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


 

インスタで物販情報配信中です!
https://www.instagram.com/1688.import/
 

ピックアップ記事

  1. ノーブランド品のBUYMA販売は?
  2. アリババ創業者ジャックマー
  3. ビジネスプランは書かない方がいい
  4. アリババ日本法人 コンサル
  5. 中国人トップセラーに絞ったリサーチ

関連記事

  1. BUYMA

    BUYMAでノーブランド品の新規参入できる?

    無在庫のアパレル販売で一番高く売れるサイトといえば、、、BUYMA…

  2. アパレル

    アパレルの売れ筋は変わらない

    人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします!!&n…

  3. リサーチ

    国内卸業者仕入れ

    必ずしも中国から商品を仕入れた方がいいとは限らないんです。&nbs…

  4. amazon

    アマゾンリサーチに必須の拡張ツール

    中国輸入でアマゾンリサーチを行う場合には間違いなくGoogle c…

  5. リサーチ

    仕入れサイクルの壁

    稼げていない人の原因は、なんだと思いますか?やる気がない!!は論外です…

  6. アパレル

    アパレル初心者ならモデリング出品で攻める

    無在庫をベースにしてノーブランドアパレル販売を楽天市場、ヤフーショ…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. Qoo10

    Qoo10を販路に加えるべきか?
  2. メルカリ

    メルカリツールまとめ
  3. amazon

    アマゾンリサーチに必須の拡張ツール
  4. CHINA

    タオバオ以外の中国サイト仕入先
  5. マインド

    価値のある失敗談
PAGE TOP