未分類

テンションの上がる現地仕入れ


人気ブログランキングへ

応援宜しくお願いします。

伊藤です。

 

中国輸入を極めていくと

最終的には広州、義烏、深センなどの市場へ

足を運んで現地仕入する必要があると思っている

人がいるようですが

実際はそんなことないですよ。

 

 

僕は今年に入ってから2度、中国に行きましたが

輸入の為に行った訳ではなく別件の仕事で

行っただけなので現地仕入れはしていません。

 

 

余談ですが

初心者が現地の市場に行っても得られるモノは

思い出くらいで殆どの人は渡航費以上の

利益を確保できる仕入れはできていない

と思いますよ。

 

 

ただ中国輸入の可能性を感じることができるので

モチベーションは上がります。

 

なんとなく現地に行ったら売れる商品が見つかる

というワケではないので事前に戦略を立てて

仕入れたいものなど明確にしてから行きましょう。

 

 

で、何を言いたいのかというと

中国輸入である程度の結果を出せるようになったら

信頼できる中国人パートナーを見つけることを

オススメします。

 

 

現地での買い付け、ネット上での取引、値引き交渉など

全て任せることができるパートナがいることで

中国国内での作業をある程度は自動化する

ことができますし代行業者を使うよりも

安く仕入れができます。

 

 

もちろん、細かな指示や自分が判断しなければいけない

こともあるので完全自動化というワケでは

ないですけどね。

 

 

ライバルとの差別化を図るには

必要な戦略なので一歩先の

ステージに上がりたい人には

ぜひ、挑戦してもらいたいです。

ピックアップ記事

  1. ebayで日本の中古品を販売
  2. レビュー評価を参考にした仕入れ判断
  3. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  4. 技適マークが必要な商品と取得方法
  5. Qoo10の稼ぎ方

関連記事

  1. リサーチ

    国内卸業者仕入れ

    必ずしも中国から商品を仕入れた方がいいとは限らないんです。&nbs…

  2. 未分類

    毎日出金が可能なラクマとは

    人気ブログランキングへ応援お願いします!!【ラクマ】に…

  3. 未分類

    THE 交渉人

    人気ブログランキングへいつもありがとう…

  4. 未分類

    規約違反をしました

    人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします!!&n…

  5. 未分類

    アニメ系コスプレ

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  6. 未分類

    NEW画像検索

    人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします!!いつ…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 自社サイト

    最新版 広告を掛けずにネットショップへ集客する方法
  2. amazon

    Amazon評価削除のコツ
  3. リサーチ

    知識が必要なマニアックな商品
  4. yahoo

    魅せるデザインと売れるデザイン
  5. amazon

    GIMPを使って商品画像を白抜きする
PAGE TOP