リサーチ

GearBestでガジェット系リサーチ

サイト

 

 

 

 

GearBest
http://www.gearbest.com/

代行業者を通さずに

直接購入ができて仕入れとしても
リサーチにも使えるサイトです。

 

特にガジェット系商品は多く
販売されていて

Amazonでまだ販売されていない
商品が多くありますよ。

 

AliExpress(アリエクスプレス)

によく似ているサイトです。

 

決済方法にPayPalが使えますし
送料無料の商品も多いのですが

GearBest自身が販売している
サイトなので値引き交渉が
できないのはネックです。

 

このような中国の直送サイトは
他にもいくつかありますが

代行手数料を支払う
必要がないのでテスト仕入れ
として活用しない手はありません。

 

実際に僕が、、
Amazon販売を始めた頃、
リサーチ目標として

 

”AliExpressの商品を
毎日必ず3個仕入れる”

 

こう決めて毎日購入していた
ことがありましたが、

 

そうしてテスト仕入れした
商品ページが
2~3ヵ月後に育って売り上げの
大半を占めるということが
よくありましたし

 

数年経った今も売れ続けている
商品もあります。

 

テスト仕入れをした全ての商品が
売れ筋のページになる訳では
ありませんが、

1個あたり500円未満の商品を
毎日3個づつ購入したら

1ヶ月で約90個、
仕入れ代も約4、5万と考えると
かなり安いですよね。

 

どんなにリサーチの精度が
悪くたって

その内、10個でも売れて
1年間続ければ年間120個の商品ページが
売り上げの柱となっていけば
全然良くないです?

 

まぁ、今のAmazonで販売されている
商品ページは完成度の低いものが

大半なので少し気合いれたページを
作れば売れないって事は、
まずないと思います。

 

それに
何が売れて何が売れないのか
自分なりのデータを蓄積
できる訳ですから。

 

こういった経験が
その先のOEMやODMをする際に
役立ちます。

 

僕もこのときの経験が今
かなり、役立ってます。

ということでGearBest使って
みてください。

 

少しでも為になったと思ったらポチっとお願いします。
中国輸入の有益な情報も多いので

探してみてくださいね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. ビジネスプランは書かない方がいい
  2. Qoo10のQFSとは?
  3. お客様が望む商品の状態とは?
  4. レビュー評価を参考にした仕入れ判断
  5. 趣味の分野で成功できない人

関連記事

  1. amazon

    アマゾンOEMリサーチどれがいい?

    先日の記事でアマゾンでOEM販売をする際の商品リサーチには「中…

  2. リサーチ

    離婚の原因はゴキブリ

    いつもありがとうございます。伊藤です。今日、部屋の至る所にゴキブリのお…

  3. リサーチ

    OEM,ODMをする前に知っておこう

    世の中で売れている商品って元々は誰かが作ったもののパクリって商品が多い…

  4. リサーチ

    ハイエナになれ

    いつもありがとうございます。アックスです。今日はある商品を徹底的にリサ…

  5. タオバオ

    タオバオリサーチ

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!伊藤です…

  6. CHINA

    仕入れに適している中国サイト

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 無在庫販売

    中国からの直送はZC便を使ってみよう
  2. OEM

    クラウドファンディングと中国商品
  3. リサーチ

    モバイルバッテリーは電気用品安全法の対象
  4. BASE

    中国輸入で BASE(ベイス)は売れる?売れない?
  5. 中国仕入れサイト

    アリババドットコム詐欺事例
PAGE TOP