コンサル

無在庫販売も愛情込めたらもっと売れる

無在庫販売の話。
 

コンサル生さん
AさんとBさんの例です。
 

2人は今、海外の販売サイトで
無在庫販売に取り組んでます。
 

外注化して作業をするのが
得意なAさんと、
 
全て一人で作業をこなすBさん
を比較した場合、
 

トータルでみれば外注化が
得意なAさんの方が複数の販路に
取り組めているので売上は
高いのですが、
 

2人が取り組んでいる
一つの販路だけで比べると
AさんよりもBさんの方が売上が
2倍以上高いんですね。
※出品している商品は2人とも殆ど同じです。
 
その差はなんなのか?
というと
 

Aさんは、
商品ページの作りが雑なこと。
 
1日で1000品の出品ができるほどの
外注を抱えていますし
とにかく行動は早いのですが
ページだけは雑。
 

何故、ページが雑になるのかは、
明確で外注に丸投げ状態なので、
 

外注に何をどうしたら
購入に繋がるのか理解せず
ただ作業させていること。
 

Aさん自身が検証が、
できていないままに外注に、
作業をさせ続けていること。
 

一方のBさんは、
慎重派なので出品ペースは
遅いですが商品の選定も
ページの作りもかなり丁寧です。
 

自分で作った商品ページですから、
何故売れるのか?売れないのかも
検証しやすいです。
 

そして自分が愛情込めて
作った商品ページが売れているからか
モチベーションも高い気がします。
 

ですが、このままだと
いつまで経っても規模を
大きくすることはできません。
寝不足続きで倒れないか心配です。
 

このように、
Aさん、Bさんともに改善は
必要なのですが一番いいのは
外注化はするけど、
丸投げはしない。
 

そして注文が安定するまでは
日々の検証を怠らないことです。
 

人によっては、
最初のうちから
自動化とか外注化をしようという
人がいますが、
 
そんなチ○カスみたいな
こと言ってんじゃねぇ、バーカって
ぼくは思ってます。
 

最初は学ぶ意味でも自分で作業を
したほうがいいです。
 

それから、
無在庫販売の場合、
短期間で出品数を増やせば必ず売上が
上がるわけでもないんです。
 

出品順に表示されていくような
販売サイトの場合だと
 

1日で1000出品するよりも
毎日10件づつでも出品し続けた方が
数倍売れるようになります。
 

ですので販売サイトの仕様によっても
出品の仕方を変えた方がいいです。
 

少しでも為になったと思ったらポチっとお願いします。
中国輸入の有益な情報も多いので探してみてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


 

追伸1:
コンサル生募集を再開します。
複数販路を作り方
現在の売上を倍以上にしたい方
長期で稼ぎ続けるスキルを身に着けたい方

マンツーマンレッスンで
徹底的に鍛えさせて頂きます。
詳細についての面談は
こちらからお願いします。
https://business-import.com/support

 

ピックアップ記事

  1. 知識が必要なマニアックな商品
  2. アリババ日本法人 コンサル
  3. BASE Mag審査クリアの方法
  4. SEOを意識したショップ名
  5. ebayで日本の中古品を販売

関連記事

  1. 外注化

    安価な報酬で依頼できる海外外注サイト

    海外にも日本のクラウドワークスなどと同じような、&nbsp…

  2. コンサル

    アカBANリスクなしの自社サイトで月収95万達成したコンサル生

    自社サイトのアパレル販売で月利95万を達成した稲葉さんからコンサル…

  3. コンサル

    アパレル販売に特化したコンサル

    年末に向けてアパレル販売で収入の柱を立てたい方を募集します。夏は始…

  4. 中国仕入れサイト

    アリババドットコム詐欺事例

    アリババドットコムで騙されました(泣という方から相談を受けました。…

  5. 無在庫販売

    中国からの直送はZC便を使ってみよう

    メルカリ、ヤフーショップ、アマゾン等の無在庫販売では外注化すること…

  6. 外注化

    【2019年】クラウドワークスに似たあまり有名じゃないサービス

    物販ビジネスには欠かせない「外注化」をする際に利用するクラウドサー…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 外注化

    1日1時間の作業で稼ぐ
  2. マインド

    成長するには不安が必要
  3. 自社サイト

    ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  4. amazon

    アマゾンOEMリサーチどれがいい?
  5. アパレル

    スナップショットは購入後のイメージを掻き立てる
PAGE TOP