ブログ

遺言書がないせいで会社を乗っ取られる

久しぶりに

宇宙兄弟のアニメ版を

観ました。

 

主人公の六太と弟の

日々人が宇宙飛行士になり

揃って宇宙へ行くことを目指す

ストーリーです。

 

何度見ても

心の琴線にガンガン響く

学びの多い漫画でなのですが

これまた六太が

良いことを言うんですよ。

 

特に僕の好きな名言は

六太のこの言葉。

 

【俺の敵はだいたい俺です】

物事がうまくいかない時って

環境や人のせいにしがち。

 

でも、、

その原因は殆ど

自分にあって大抵の事は、

自分に勝つことで

乗り越えられるという

意味でしょうね。

感じるものあるなぁ。

 

 

さて、遺言書って書いてます?

っていきなり話飛びすぎて

スミマセン。

 

今日観た

宇宙兄弟のストーリーに

日々人が書いた遺言書の中身を

六太が見てしまうというシーンが

あってそれで(笑

 

宇宙飛行士は、宇宙に行く前に

書くみたいですよ。

 

話が反れましたが

万が一の事故や病気で自分が

死んだ場合にこの遺言書があるか

ないかが、

 

残された

家族や身内の人生に

良い意味でも悪い意味でも

大きな影響を及ぼす

可能生があります。

 

遺産相続が

原因で家族間でのトラブルになった。

事業継承でトラブルが起きて

会社の倒産危機に、、

なんて話もよく耳にします。

 

ドラマでよくあるやつですね。

どろっどろっの。

 

 

僕も

兄貴が亡くなったときに

経験がありますが

遺言書がなかった為に、

 

事業継承の件で

問題勃発して

結果的に

それまで兄弟で一緒に

 

手掛けていた事業の

経営権の大半を失うという

失態をした

ことがあります(泣

 

結果はどうあれ

こういう問題は相当な労力

と時間を使うこと

になりますからね。

 

遺言書がなかった為に

会社に携わったことのない

家族達に会社の株式が

分散してしまい

 

無知を理由に

第三者に取り込まれて

会社を乗っ取られたなんて

通常考えられないようなことが

実際にありますからね。

 

紙ペラ一枚あるかないかで

残された家族、

会社がトラブルに

巻き込まれることを

防ぐことをできるわけですから

遺言書は書いておくことを

オススメします。

 

遺言書の

書き方については

ググれば色々でくるので

自分ひとりでも作成できますが

 

効力のある内容を作るには

書き方がややこしいですし

 

後々、遺言書の内容で

トラブルにならないよう

あいまいな表現を使わないなど

 

注意点も多くあるので

法的効力のある最強の

遺言書を作っておきたい方は

 

弁護士、行政書士、司法書士に

お願いするのが確実です。

 

とりあえず宇宙兄弟面白いんで

読んでみてくださいー。

しょぼいビジネス書より学べます。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

 

追伸:

8月度のコンサル生を募集します。

amazon以外の販路で勝負したい方にオススメです。

詳細はこちらからお願いします。

→ https://business-import.com/Consulting

ピックアップ記事

  1. BASE Mag審査クリアの方法
  2. アリババ創業者ジャックマー
  3. アリババ日本法人 コンサル
  4. ビジネスプランは書かない方がいい
  5. 知識が必要なマニアックな商品

関連記事

  1. ブログ

    期間限定でスパイになろう

    突然ですが2月18日から一週間、僕と一緒に期間限定でスパイになりません…

  2. ブログ

    すっかり忘れていた

    カフェで仕事の打ち合わせをしてたはずなのに、気がついたら人の話…

  3. ブログ

    スパゲッティー。。。。

    昔の話です。 妹が夕食にスパゲティを作ってくれることにな…

  4. ブログ

    もう食べれません

    ラーメンフェスに来ました。3杯食べてもう食べれない。苦しすぎる。やっぱ…

  5. ブログ

    とくに何もない1日

    今日はお久しぶりにオフィスへ。といっても滞在時間10分。僕が…

  6. ブログ

    見えない能力を引き出す

    今日は友達のブログを翻訳していて面白いコンセプトに出会った。 それ…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. amazon

    amazonとメルカリの価格差
  2. CHINA

    中国商品に完璧な検品を求める
  3. マインド

    時間は積極的に作るもの
  4. 仕入れ

    工場仕入れで使えるサイト
  5. 中古車販売

    中古車転売メルセデス編
PAGE TOP