CHINA

中国政府の監視の目


人気ブログランキングへ
応援宜しくお願いします!!

伊藤です。

中国出張で困ること。
それはお気に入りのサイトが見られないことです。

そんな中国のネット規制の話。

中国ではGoogleもつながりにくく、Facebookもつながらない
Dropboxもほとんど同期しない。いつも使っているツール
が使えない状況になるので、仕事になりません。

これはなぜかというと、中国人民政府が開発した史上
最強の言論統制ファイヤーウォールとも言われている
「金盾」と言われるものが関係していると言われています。

数年前にSkypeで中国のパートナーとやり取りしている時に
毛沢東について過激な言葉を打ち込んだら、中国のパートナー
のネットが遮断されるという事が当たり前に起きていました。

今でも、常に政府がネット回線を監視して
いるので遅くなっていると言われています。

これを逆手に取り百度やアリババはアメリカやヨーロッパで
流行っている最先端のインターネットサービスを丸パクリを
して基礎を気づき、独自の発展を進めた結果世界的な企業
へと成長したというワケです。

抜け目がないですよね、中国は。
そんな中国文化には見習うべき点が
いろいろありそうです。

PS
最近、AmazonでFBA納品の在庫制限に掛かってしまっている
人が増えています。気をつけてくださいね!!

 

ピックアップ記事

  1. Qoo10のQFSとは?
  2. 趣味の分野で成功できない人
  3. 中国輸入で中国語は必要ない
  4. 独自ショップの無料でできる集客方法
  5. タオバオ以外の中国サイト仕入先

関連記事

  1. CHINA

    中国の検品が雑な理由

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  2. CHINA

    偽物が多すぎる中国

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊…

  3. CHINA

    アリババ日本法人 コンサル

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊…

  4. CHINA

    仕入れに適している中国サイト

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  5. BtoB

    FAXDMマーケティング

    伊藤です。自社商品の卸し先を見つける為、久しぶりにFA…

  6. amazon

    中国輸入を嫌いになりやすい理由

    中国輸入の参入者が増えている一方で辞めていく人もいるでしょう。…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 外注化

    従業員、外注パートナーの募集サイト
  2. amazon

    技適マークが必要な商品と取得方法
  3. amazon

    成長するにはリスクを選ぶ覚悟が必要
  4. amazon

    商品に付加価値を付けて競合他社と差をつける方法
  5. amazon

    amazon販売で参入障壁の高い商品とは?
PAGE TOP