CHINA

偽物が多すぎる中国


人気ブログランキングへ

応援宜しくお願いします!!

伊藤です。

 

中国といえばニセモノ大国というのは有名です。

 

街を歩いていると外国人を見つけると片っぱしから

「ヴィトン!シャネル!エルメス!財布!時計!鞄!見るだけ見るだけよーー!」

と何人もしつこく声をかけてきます。

 

 

これは全てニセモノを売っている客引きです。

繁華街に行けば間違いなく1度は声をかけられますし

ニセモノショップが集まっているビルも多々あります。

 

 

なぜ、政府が徹底的に取り締まっているにも拘らず、

中国にはニセモノが蔓延しているのでしょうか?

 

 

いぜんにテレビで見たニセモノショップオーナーはこんなことを言っていました。

「なぜ、中国人はニセモノばっかり作るの?自分たちでブランドを作ればいいのに」という問いに。

 

 

「売れると分かっているモノを作った方が儲かるでしょ?

なんで売れるか分からない物を必死で考えてわざわざお金かけて作って売るのかが分からない。」

と、、、うん、確かに。

 

 

いやいや、合理的だけどその考えは100%アウトーー!!

突っ込みどころ満載です。

これから先もニセモノは消えないんだろうなぁ。

 

 

 

PS

中国輸入で稼げていない人の共通点の1つは

圧倒的に作業量が少ないことです。

足りてますか?作業量。

ピックアップ記事

  1. 外注さんの離脱率は高い
  2. 技適マークが必要な商品と取得方法
  3. 中国輸入で中国語は必要ない
  4. Amazon規約違反
  5. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?

関連記事

  1. CHINA

    タオバオ画像のフォトショ技術

    中国輸入でタオバオ、アリババでアパレルを仕入れたことがある人なら…

  2. CHINA

    アリババ日本法人 コンサル

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊…

  3. CHINA

    中国商品に完璧な検品を求める

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  4. amazon

    アパレル仕分け風景

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!アパレル…

  5. BtoB

    FAXDMマーケティング

    伊藤です。自社商品の卸し先を見つける為、久しぶりにFA…

  6. CHINA

    アパレルデザイナーの技術必要なし

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 楽天ショップ

    楽天ショップ罰金制度
  2. リサーチ

    相乗り出品に魅力を感じない
  3. マインド

    時間は積極的に作るもの
  4. アパレル

    代行業者不要のファストファッションサイト
  5. amazon

    amazonの画像背景は白抜き
PAGE TOP