自社サイト

【自社サイト】中国輸入アパレル販売の変化

こんにちわ、伊藤です。
ブログを再開します。
ブログの更新をストップしている間も読者の皆様からたくさんの質問、コンサルの問い合わせを頂けたことに感謝です。
ありがとうございます。

今回は最もお問い合わせの多かった自社サイトアパレル販売の最近の変化について感じたことをお伝えします。
副業をこれから取り組もうとしている方にはもちろん、自社サイト販売で思うような売上をたてられていない方にも
ぜひチェックしてほしい内容です。

インフルエンサーマーケティングが浸透してきた

SNSを取り入れた集客は強力な武器になります。

自社サイト販売に限らずAmazonや楽天などの販路でも
SNSを活用した外部集客ができているショップが大きな売上をたてることができています。

このブログを読んでいる方の多くもSNSを活用して売上に繋げることができることを
何となくは理解していても上手く形にできている人は少ないのです。

SNS上でインフルエンサーを商品をPRしてもらえばすぐに売上に繋がる!
というイメージであればそれは間違いです。

PRしてもらうタイミングや商品との相性など様々な条件が揃わなければ売上に繋がらないことを
理解せずにただ商品を配って売れないからと早々に諦めてしまうショップが大半です。

反対に上手くいっているショップは着々とSNS上でファンを増やし続け売上をコントロールできるようになっています。
今後、増々二極化は進むでしょう。

僕が2019年の11月頃にコンサルサポートをさせて頂いた物販初心者の方の月収は60万を超えました。
OEMのように大きな資金を掛けず、誰もが簡単に扱えてしまうアパレルを自社サイトで販売して、
この結果は素晴らしいと思います。

継続できればあなたにもできます。

インフルエンサー自身がショップオーナーへ

youtube、インスタグラム、Tiktokなどの各SNSで活動している
インフルエンサー自身が自らショップを立ち上げている動きも目立ちます。

自身にファンが付いているわけですから当然そうなりますよね。
インフルエンサーをしながら自社の商品を売れるなんて最強です。

フォロワー数が10万人以下のインフルエンサーでも
自社ショップを持っている方は多く他社からのPRも引き受けながら
自社商品も販売するというスタイルをとっています。

我々のようにPRを依頼する側としては強力なライバルになり得ますが
臆することなくPRの依頼をしてWINWINの関係をきづいていくといいでしょう。

自身がインフルエンサーをしながらショップ運営を行うという
スタイルも強力な武器になるのでオススメです。

女性のコンサル生さんの中にはそうしている方もいて自身で商品のモデルもこなし
商品について説明をした動画をサイトにアップしたりとファンの方に寄り添った
ショップ運営をされています。

ショップ乱立でも残るのは1割くらい

自社サイトのアパレルを扱うショップはBASE、Shopifyで次々とオープンしていますが
先ほどお伝えしたようにその大半は半年後には消えています。

大量の商品をただ並べて、広告を掛けて、SNS集客をすれば売れるわけではなく
そこから検証を繰り返していかなければ売上には繋がりません。

一度運営を始めたら最低でも1年間は取り組み、すべき施策を全力でやり続けることが
結果をだすためのポイントです。

要は「継続」できるかどうかです。
最近勢いのあるShopifyでショップをオープンしただけで売れるようになる?
ならないです。

1年間全力で取り組んでください。

大手の商品に勝てるのか?

いまの時代、ユニクロやGU(ジーユー)のように安くて品質の良い洋服が溢れていてネットからも購入ができます。
実際にインフルエンサーの中にもこれらの洋服を積極的に取り入れてコーデを公開している投稿も多いです。

そんななかで、韓国や中国から仕入れたアパレルなんて売れるのか?と思う方も多いのではないでしょうか?
結論からお伝えすると売れます。

あなたも服を購入するときに人と被りたくない!と思うことありませんか?
ファッションが好きな人であればあるほどそう思うものです。

とくにユニクロやGUは店舗数も多く価格も安いので販売数も多いので被りやすいですよね。

仮にユニクロよりも高いあなたのショップの商品でも写真の見せ方やコーデの仕方をイメージさせてあげることが
できれば購入してもらえますし品質、サービスに満足してもらうことができればリピーターにもなります。

どうしたらあなたのショップのファンになってくれるのかを考えてみてください。
あなたの目指すショップの商品を購入して検証すれば、そのヒントを得ることができます。

まとめ

コロナの影響で実店舗のアパレルを扱うショップはECに力を入れてますし
副業でこうした自社サイト販売に取り組む方も多いのでライバルは多くいますが
その中でも安定して結果をだしつづけるやり方で自社サイトのアパレル販売に取り組めている方は少ないです。
自社サイト販売の手法は別の商材、販路にも応用できます。

ピックアップ記事

  1. アマゾンアカウント再取得をしよう
  2. アリババ創業者ジャックマー
  3. 中国輸入で中国語は必要ない
  4. 知識が必要なマニアックな商品
  5. 楽天ショップを使ったリサーチ

関連記事

  1. 自社サイト

    最新版 広告を掛けずにネットショップへ集客する方法

    自社ネットショップの最大の課題は集客です。自分だけのネットショップ…

  2. BASE

    中国輸入で BASE(ベイス)は売れる?売れない?

    中国商品はBASE(ベイス)で売れる?売れない?について書きますね。…

  3. 自社サイト

    D2Cに取り組むコンサル生の声

    中国輸入の商品を自社サイト(D2C)で販売している山口さんからコンサル…

  4. ネットショップ

    カート離脱率を改善する方法

    サイトのカート離脱率気にかけていますか?ECサイトを利用する消…

  5. アパレル

    自社アパレル販売で結果の出ない人の共通点

    自社アパレル販売で上手くいってない人のやり方には共通点があります。…

  6. 自社サイト

    インフルエンサーの選定基準

    自社サイトの集客で外すことのできない、youtube、ツイッター、イン…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 商品ページ作成

    撮影ボックスを使ってみよう
  2. CHINA

    CHINAの配送スピード
  3. ブログ

    梱包は綺麗な状態で届けたい
  4. アパレル

    ダウンジャケット詐欺の実態
  5. マインド

    せどりと中国輸入の違い
PAGE TOP