誰でも出来る中国輸入で永続的に結果を出し続ける方法

Amazon販売に頼りすぎは危険

2013.07.22

Amazon販売に頼りすぎは危険 はコメントを受け付けていません。


人気ブログランキングへ
応援宜しくお願いします!!

 

いつもありがとうございます。

伊藤です。

 

 

中国輸入の参入者が増えていますが

その一方で稼ぐことができずに

辞めてしまっているひとも多いみたいですね。

最近の初心者の方からの問い合わせで特に多いのが

「アマゾン販売で価格競争に巻き込まれて全然、利益がとれません。」

という内容の相談です。

 

 

うーん。

 

アマゾンだけに頼りすぎるのは辞めた方がいいですよ。

たしかにアマゾンは売れます。

僕もアマゾンもフル活用しています。

 

 

FBA発送というサービスがあるので

効率よく販売することが可能ですが

手数料やリスク管理を考えると

アマゾン以外の販路も持っていた方が

商品によってはアマゾンよりも利益をとることが

できますしアマゾンよりも売れます。

 

 

そしてアカウント停止、削除などの

リスクも減らすことができます。

 

 

それに参入しはじめた人の多くが

タオバオから仕入れてアマゾンで売るという

ことをしています。

 

 

リサーチ方法も商品リストや売れてる出品者の商品一覧から

既に出品されている商品のみを派生させて

リサーチをしていたりと

まだ参入者が少ない頃の基本通りのリサーチ方法を

し続けている人が多いので

扱う商品が似たり寄ったりに思います。

 

 

 

なので色々な出品ページを見ていると

とある中国商品の出品者数が28人とか・・

こういうページをよく見かけます。

効率悪すぎですよ。

 

 

 

とくに初心者のうちは

売れている人の商品を真似する

リサーチ方法が基本なのでどうしても

そんな状況になりやすいです。

 

 

 

中国商品はアマゾン以外にも

・ヤフオク(楽オク、モバ、ビッターズなど)

・ネットショップ(ヤフー、楽天ショップ含む)

・バイマ

 

 

でもガンガン売れますから

アマゾン以外の販路にも目を向けてみてください。

僕も最近はネットショップに力を入れています。

手数料もとられず、アカウント削除や停止などのリスクもないので

自由に販売することができています。

 

 

人とは逆のことを意識してどんどん挑戦してみてくださいね!!

 

 

 

 

P.S

『ガリガリ君』って

年間、4億3000万本売れてるんですね。

たしか、1本あたりの原価が6円くらいだったような。

開発費、人件費、運送費差し引いても

儲かるわけですね。

まさに薄利多売。

これ中国輸入でも基本です!!

関連記事

コメントは利用できません。

誰でもできるebay輸出ブログ

誰でもできるebay輸出ブログ