リサーチ

OEM,ODMをする前に知っておこう

世の中で売れている商品って元々は誰かが作ったもののパクリって商品が多いですよね。

販売したいけどホントにいいの?
似せて作るにはどこまでのラインまでいいの?
これって偽物じゃないの??

など色々な疑問を持っている人も多いと思います。

実際にブランド品に似ているものを商品として販売する際には
知的財産権の侵害をしていないかどうか事前に調べておく必要があります。

知らずに販売していて後にトラブルや警察の厄介になってしまっては遅いです。

○○ブランドに似ている商品

クリスチャンルブタン似

ルブタン似のトゲトゲ財布やスマホケースは人気があり一時期OEMしている人も多くみかけました。
クリスチャンルブタン似のトゲトゲのスタッズが特徴的な財布やトートバックが人気です。

中国の広州には、このスタッズが付いた革が何種類もあるので革と財布の形を選ぶだけで簡単にOEMもできます。

なかでもトゲトゲをモチーフにした商品を扱うブランドとして【DIAVEL】は有名ですね。
芸能人の愛用者も多く人気のブランドです。価格も安く品質もいいものが多いです。

ボッテガヴェネタ似

編み込みが特徴的な財布、バッグ、名刺ケースなどのノーブランドや独自ブランド品を多くみかけます。
なかにはロゴがないだけで本家ブランド商品と見分けが付かないものまであったりします(笑

本家のブランド商品とデザインが
あまりにも酷似した商品やロゴがないだけの商品の場合には知的財産権の侵害や不正競争防止法などに触れる
可能性があるので事前に調べると共に注意して取り扱うか判断していきましょう。

デザインに関する知的財産権

意匠権とは?

物のデザイン(意匠)を独占的に所有できる権利。意匠とは物品の形、模様、色彩、またはこれらの組み合わせで定義される。物品の形状などを総合的に判断した概念なので、同じデザインでも物品が非類似の場合は意匠としては別のものとなる。意匠権を取るためには「工業上利用できること」「新規であること」「創作が容易でないこと」などの条件を満たす必要がある

立体商標とは?

商業製品・広告物などの立体的形状に対して認められる商標のこと。形状の特異性で他商品との違いを明確に識別できることが認可の基本要素であり、その他、文字や図形、色彩などの要素も含まれる。

ケンタッキーのカーネル・サンダースの像、コカコーラの瓶、ヤクルトの容器、不二家のペコちゃん、ホンダのカブ等が有名です。

エルメスのバーキン似はアウト

エルメスのバーキンは「エルメス」という商標と立体商標の権利をもっています。
商標権の保護期間は10年間ですが特許権や意匠権と違って何度でも更新ができるため、
期間の限定なく半永久的に保護を受けることができます。

エルメスの立体商標の登録商標
バーキン(第5438059号)
エブリン(第4766204号)
ケリー(第5438058号)
コンスタンス(第4770984号)

バーキンに酷似しているロゴなしのバッグを販売し逮捕者もでていますので絶対に販売してはダメです。
いないとはおもいますが、、、

柄の商標登録

バーバリーのタータンチェック柄

第25類の洋服や第16類の紙製簡易買物袋などの区分について商標登録されています。
ノーブランド品であってもこのチェック柄の商品を扱っているとバーバリー側から内容証明が届きます。
ブランド側もかなり細かくチェックしているので気を付けましょう。
(第2111551号)
(第2129480号)
(第2132581号)

ルイヴィトンのダミエ柄

ダミエ格子柄はルイ・ヴィトンによって全世界で登録商標されています。
日本でも2009年8月に正式に商標登録がされました。

ダミエ格子柄は、ダミエ(茶色基調)、ダミエ アズール(白色基調)、ダミエ グラフィット(黒色基調)
のいずれの商標保護にも有効です。

販売サイトによってはまだ販売している人もいますが扱わないようにしましょう。

(第4901617号)
(第4915881号)
など

まとめ

有名ブランドは模造品対策として細かい調査と警告をしているので販売数量が
少なかったとしても警告対象となりますのでくれぐれも注意してください。

本家ブランド品は高くて買えないけど似ている商品で低価格であれば欲しいという
需要はあるので人気のあるブランドやメーカの商品に似ているデザインや
機能性のモノをいち早く取り入れ販売することで大きな利益を上げることができるのも事実です。

ご紹介したブランド品以外にも時計、家具、家電製品、工具、食品、服、化粧品etc、、
有名な商品の性能やデザインを参考に作られているモノも多く

それらは世にでるスピードが恐ろしく速いので今何が流行っているのか常にアンテナを
張っておくことも大切です。

繰り返しになりますが人気商品に似ている商品を中国から仕入れたり作る際は
知的財産権の侵害に触れていないかどうか慎重に調べてから判断するようにしてください。

ピックアップ記事

  1. BASE Mag審査クリアの方法
  2. 単純転売には不安がつきもの
  3. 知識が必要なマニアックな商品
  4. 趣味の分野で成功できない人
  5. Amazon規約違反

関連記事

  1. リサーチ

    知識が必要なマニアックな商品

    僕がリサーチをするときには特別なことは何もなく大きく分けて「日本で…

  2. リサーチ

    バッテリー系は注意が必要

    いつもありがとうございます。アックスです。リストバンド型のモバイル充電…

  3. TMALL

    天猫、タオバオの取引件数

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!伊藤です。…

  4. CHINA

    仕入れに適している中国サイト

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  5. amazon

    アマゾンOEMリサーチどれがいい?

    先日の記事でアマゾンでOEM販売をする際の商品リサーチには「中…

  6. リサーチ

    アイデアを得られる番組

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. amazon

    GIMPを使って商品画像を白抜きする
  2. amazon

    アマゾンOEMリサーチどれがいい?
  3. リサーチ

    知識が必要なマニアックな商品
  4. amazon

    中国人トップセラーに絞ったリサーチ
  5. コンサル

    単純転売には不安がつきもの
PAGE TOP