アパレル

ダウンジャケット詐欺の実態

ダウンジャケットの定義の話。

毎年この時期になると、
ダウンジャケットが売れます。
 
モンクレール、タトラス、デュベティカ、カナダグース
などの有名ブランドからノーブランド品まで
どのショッピングサイト
でも売上を伸ばしています。
 

そんなダウンジャケットについて
ネットサーフィンをしていると
ジャケットの中身が中綿のモノでも、
 

ダウンジャケットとして販売してしまい
トラブルになっているケースを
度々見かけます。
 

ダウンジャケットとは
その名の通りダウン(羽毛)が中に入っている
ジャケットのことです。
 
見た目に比べて軽くて保温性が
高いのが特徴です。
 

実際にはダウン100%という
ダウンジャケットは殆どなくて
ダウン80%:フェザー20%とか
ダウンとフェザーが混ざっていて
フェザーの混合率が低いほど品質が
高いといわれていますね。
 

そして、「ダウンジャケットっぽい」ものでも
中身はコットン(木綿)やポリエステル綿の
ジャケットも多くあります。
 

特徴はダウンよりも中綿の方が重くて、
価格が安いですし、シルエットも違います。
 
いかもにもモコモコとしたのがダウンジャケットで
細身シルエットなのが中綿ジャケットです。
 

中綿ジャケットのものでも
ダウンジャケットと呼ぶ人は多くいます。
 

たしかに、見た目がダウンジャケットであれば
ダウンジャケットと言っちゃいますよね。
 

ただ、販売となると話は別です。
ダウンジャケットが欲しくて購入したら
中綿のジャケットだったら、
そりゃトラブルになります。
 

見た目は似ていても中身が違えば
機能性も価格も全然違います。
 

販売側からしたら中綿ジャケットでも
多くの人はダウンジャケットのカテゴリーに
出品しているし総称としてダウンジャケットと
いう言い分も分かりますが、
 

説明文には中身について明記する、
タイトルには中綿ジャケット、ダウンジャケット風
などと表示することは当たり前の事として
認識しておかないと後々トラブルになるので
気を付けてください。
 

いつだか高齢者に高級羽毛布団だと言って
中綿布団を高額で販売して逮捕された業者を
よくニュースでみましたが
ダウンと信じて購入した人からしたら
それと同じ感覚だと思いますから。
 

メルカリ、ヤフオクなど個人間の
取引では多くあるトラブルですし
大手ショッピングモールでこれをしていると
アカウント停止措置は余裕でありえますから
注意してくださいね。
 

それからタオバオやアリババで
ダウンジャケットを仕入れる際には
中国側でタグ、重さの確認を
徹底するようにしたほうがいいです。
 
実際には凄く重さのある木綿入りジャケットなのに
タグにはダウンの表記が書いてあるという
誤魔化しは中国ではよくあることです(笑
 

定期的に中国羽毛協会がタオバオで販売されている
ダウンジャケットの品質検査を行っているようですが
基準をクリアしているのは
全体の20%程との報告もあります。
 

ということでダウンジャケット販売の際には
トラブルにならないよう気を付けてくださいね。
 

伊藤の中国輸入ブログが光栄なことに、○位です!!
物販の有益な情報も多いので探してみてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


 

ピックアップ記事

  1. 趣味の分野で成功できない人
  2. アマゾンアカウント再取得をしよう
  3. 独自ショップの無料でできる集客方法
  4. 中国からの直送はZC便を使ってみよう
  5. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?

関連記事

  1. OEM

    アパレルOEMで失敗した経験

    夏物商品の準備はできていますか?水着など売れ始めて…

  2. アパレル

    偽物販売業者が大量返品をする理由

    ZARAなどのファストファッションを購入後、大量返品をしてくる中国…

  3. アパレル

    激安アパレルに完璧を求めない

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  4. amazon

    アパレル仕分け風景

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!アパレル…

  5. CHINA

    中国商品に完璧な検品を求める

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  6. アパレル

    アパレルの売れやすい価格、年齢層とは? 

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. amazon

    アマゾン制裁強化
  2. amazon

    低評価でも売れる!?
  3. リサーチ

    OEM、ODMするときのネタの探し方
  4. amazon

    楽天ショップでアクセス数を増やすには?
  5. 外注化

    1日1時間の作業で稼ぐ
PAGE TOP