バングラディッシュ

中国輸入の終焉

中国輸入の伊藤です。

アパレルの春夏商品は
3/1を過ぎると

中国のECショップでも更新され
始めるのでアパレル販売をしている
人は要チェックです。

 

季節の変わり目は稼ぎ時ですよ。

さて、やっぱりまだまだ
中国工場には勝てないという話。

 

先日、バングラディッシュの
工場に発注を掛けようと

サンプルを頼んだのですが
生地の確保に時間が掛かるという
理由で、、

とりやめに。。

 

発注したかった商品は伸縮性の
あるデニム地の商品でしたが

 

結局は中国工場に
お願いすることにしました。

 

価格面、特恵関税などの
メリットはバングラディッシュ工場が
勝りますが

納期を考えるとここは
安定の中国工場で
と、いった感じです。

 

 

最近よく言われることですが
中国に進出した製造業の中には、

人件費の高騰の影響で
東南アジアなどの新興国に、
生産拠点を移すところも
出てきているので

 

中国輸入を
やってきた方からすると、
もう商売の旨みが無いのではと、
思っている人や

 

もう中国輸入は長くは続かないと
思う人もいるかもしれませんが

 

実際には
今後10~15年くらいの間は
今と変わらず中国輸入はいけると
僕は思っています。

 

世界第2位のアパレルの
生産国である
バングラデイッシュでさえ

 

世界の工場中国を越えるには

インフラの問題など
今後解決すべきまだまだ
問題が山積みですからね。

 

そもそも、
東南アジアは小国が多いので
製造業の生産ラインを、
一国で賄うことはできないし

 

停電が多発するなど
インフラ面での整備も課題ですし

生産ラインを担う人材育成にも、
まだまだ時間が掛かります。

 

それに、中国程ではないにしろ
東南アジア主要国の
人件費も高騰し始めています。

 

中国工場の商品は
作りが雑でいい加減とか
色々と不満を言われる
こともありますが

 

材料も環境も全てが揃って
低価格で何でも作れてしまう国は世界中を
見渡してもなかなかないので

 

中国が世界の工場から
陥落する日はまだまだ先に
なりそうです。

 

中国強し、、、

 

少しでも為になったと思ったらポチっとお願いします。
輸入ビジネスの有益な情報も多いので探してみてくださいね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 楽天ショップを使ったリサーチ
  2. お客様が望む商品の状態とは?
  3. BASE Mag審査クリアの方法
  4. ビジネスプランは書かない方がいい
  5. アリババ創業者ジャックマー

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. amazon

    アマゾンを基準にすると失敗する理由
  2. マインド

    成長するには不安が必要
  3. 自社サイト

    ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  4. amazon

    Firefox のいいところ
  5. 代行業者

    輸入代行業者の選び方
PAGE TOP