誰でも出来る中国輸入で永続的に結果を出し続ける方法

中国の商品はお茶目です

2012.08.19

中国の商品はお茶目です はコメントを受け付けていません。

いつもありがとうございます。
アックスです。


中国仕入れを初めてしたとき

なんじゃこりゃぁ!!!

と叫びまくってました。


だって納品される商品が毎回、お茶目なんですよ。

◆アパレル編
・ホツレがひどい
・ポケットの穴が貫通していない
・デニムのボタンの穴が空いていない
・頼んだ商品の画像と微妙に違う
・タグに表記されているサイズと実際のサイズが違う


◆雑貨、家電編
・家電系は不備率が高い
・サイトにアップされてる商品の箱と実物の箱が違う
・箱に入っていない

などなど



お茶目な感じでしょ!?
初めて中国仕入れをする人はビックリする人が多いみたいです。



僕が扱うアパレルは中国の工場から仕入れていますが
ほつれとかボタンがとれかけているとか頼んだサイズと
納品されたサイズが違うとかは当たり前のレベルでよくあります。



でもいちいち返品はしません。
注意はしますけどね。



返品する送料も掛かりますし、返品してまた商品が届くまでの
間の時間がもったいないですから。

出せば売れるので、
「ワカチコワカチコ

って感じです。


今は完璧な商品は求めていません(笑)


中国仕入れ=不良率が高い

ってことを前提に販売戦略を立てているので
販売に支障をきたすこともありません。


もちろん全ての商品がそんなお茶目な訳ではありませんから
安心してください。


中国商品のクォリティーも確実に上がってきています。

中国仕入れの魅力は激安仕入れが出来て高利益を狙えるので
不良率は多めにみて上げてくださいね。


もし、そんなお茶目な商品が届いても
セット売りやおまけを付けて販売するとか
販売方法はいくらでもあります。


売れるかなぁ!?ではなく
どうしたら売れるようになるのかを考えることが大切です。



今日も読んでてくれてありがとうございました。


P.S

無料レポート、第三弾を作成中です。

中国⇒Amazonの稼ぎ方についてです。

過去の無料レポートもメルマガ登録をして
ぜひ、見ていただけると嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。