自社サイト

ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?

今回は「カラーミーショップ」「BASE」この2つのサイトを元に比較をしていきたいと思います。

結論から言ってしまうと
初めての自社サイトで集客には自信がないよって方は「BASE」
商品も集客も自信があってバリバリやるぜって方は「カラーミーショップ」
が個人的にはいいと思っています。

理由は後ほど説明していきますね。

自社サイトのメリット、デメリットとは?

メリット
・アカウント停止などのリスクが限りなく少ない
・デザインなど自由に作れる
・運営コストが低い
・顧客のリストが取れるのでメルマガやLINE@などの配信ができる

デメリット
・集客がくそみたいに弱い
・サイトを作成するのに費用が掛かる

多くの方が自社サイトって集客が弱い!!でも売れればアカBANのリスクも
少ないし手数料もやすいし最高みたいなイメージをもっていませんか?

自社サイトもモール型も、どちらもメリット、デメリットがあるのでどちらが優れているかは
決めきれませんが選択肢として自社サイトは持っておいた方がいいでしょう。

ノーブランド商品は自社サイトでの売り上げはたかが知れてるという方もいますが
それは嘘です。取り組み方次第でノーブランド品でも大きな売り上げを立てることはできます。
実際にコンサル生さんの中には誰もが扱える安価な商品で月商300万円を3カ月で達成していますし利益率も高いです。

高額なノーブランド商品であれば利益額も高いのでその分、広告費に回すことも
できますし今はSNSが流行っているので以前のように広告に頼らなくても集客はしやすくなっています。

これらを念頭において各サイトの比較をしていきましょう。

カラーミーショップとBASEの比較
 カラーミーBASE
初期費用3240円無料
月額手数料

エコノミープラン:900円無料
商品登録数無制限無制限
HTML・CSS編集
月額900円
登録画像数10枚20枚
テンプレート無料テンプレート
+有料テンプレート
無料テンプレート
+有料テンプレート
独自ドメイン
フリーページ
決済手数料クレジットカード・4.0%~
後払い・4.0%~
コンビニ払い・130円~
代引き決済・280円~
AmazonPay・月額2,000円 + 4%
楽天ペイ オンライン決済・月額2,000円 + 5%
クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
キャリア決済
後払い
(注文毎に)3.6%+40円
サービス利用料(注文毎に)3%
振込手数料無料振込手数料•一律250円
事務手数料•
2万円未満500円
2万円以上無料
サポートメール・電話・チャットサポートメール・チャット
商品・顧客情報
CSV一括登録
サイト譲渡

 

立ち上げ段階でコストを掛けずに取り組むならBASEがやりやすいと思います。
初期費用、月額を掛かりますが腰据えて取り組んでいきたい方にはカラーミーがおすすめです。

個人的にはBASEの方が管理画面なども含めシンプルで感覚的に操作できるイメージですが
サポートはカラーミーの方が充実しています。

カラーミーショップ


ネットショップ開業サービスの中では導入店数が一番多きなサイトです。

こんな方にオススメです
一言でいうと「完全オリジナルの自社サイト」を目指す方にはカラーミーはピッタリだと思います。
機能面も充実していてデザインも運営も自由度が高いので自分の好きなようにショップ運営ができます。

決済手数料を払いたくない
上記の比較表を見て頂くと分かりますが決済手数料は各種掛かりますが
決済手数料を一切払いたくない!という方は決済方法を銀行振り込みだけにして
振込手数料をお客様の負担にすることで決済手数料を一切払わずに運営することもできます。
ただし、各種決済方法に比べると成約率は大幅に下がってしまいますが、、、。

カラーミーをオススメしない人
出品だけして、なんとなく自社サイトを運営しておきたい方には
初期費用、月額費用が発生するカラーミーはお勧めはできません。

迷ったらまずは登録
無料期間が30日間あるので、その期間に判断してみてもいいと思います。

BASE


誰でも簡単に無料でネットショップの開設ができます月額費用も掛かりません、
ほんとに1分くらいでオープンさせられます。

こんな方にオススメです
リスクなく自分の自社サイトにまずは出品しながら勉強していきたい!という人には
BASEはオススメです。

直ぐに販売を開始したい
短期間にショップをオープンさせるにはBASEはピッタリです。
クレジットカード決済などの機能も直ぐに利用できます。

集客は苦手
BASEアプリ経由のユーザー狙いでいくなら外部集客をしなくても
出品数を増やすだけで注文は入り始めます。お気に入り登録とショップフォローを増やす為に
BASEMagやAppsをフル活用しましょう。
ただ、月商数百万レベルを目指していくなら外部集客は必須です。

お金は掛けたくないけど機能面の充実させたい
一部有料の機能もありますが運営に必要な機能のほとんどを無料で利用できます。

外部集客の方法についてはこちらの記事も参考にしてください。
BASE外部集客編

BASEをオススメしない人
完全オリジナルの自社サイトを目指す方にはBASEは物足りなく感じると思います。
BASEは一応ネットショップという位置づけですが販売手数料は発生しますし
サイトの譲渡もできません。カラーミーと比べると若干自由度は低めになります。

まとめ

カラーミー、BASEともにメリット、デメリットはありますが数ある
自社サイト向けのサービスの中ではこの2つがトータルして優れていると思います。

自社サイト運営は集客など何かと手間は掛かりますが
モール型販売サイトのようにアカウントリスクや高い手数料を永遠と払い続けるという
点においてはストレスフリーで運営することができるのが魅力です。

是非とも中国輸入をしている方にも挑戦して頂ければなと思います。

ピックアップ記事

  1. アリババ創業者ジャックマー
  2. ノーブランド品のBUYMA販売は?
  3. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  4. アリババ日本法人 コンサル
  5. 技適マークが必要な商品と取得方法

関連記事

  1. BASE

    中国輸入で BASE(ベイス)は売れる?売れない?

    中国商品はBASE(ベイス)で売れる?売れない?について書きますね。…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. amazon

    amazon真贋審査をクリアするには?
  2. amazon

    amazonの画像背景は白抜き
  3. 外注化

    従業員、外注パートナーの募集サイト
  4. 貿易

    メーカー側になってみる
  5. 無在庫販売

    中国からの直送はZC便を使ってみよう
PAGE TOP