インスタグラム

インスタグラムのショッピング機能

フェイスブック、ツイッターを超えるSNSとして注目されているインスタグラム。
日本でのアクティブユーザーは2000万人を突破し、なかでも20~30代の女性ユーザーが
最も多いと言われています。

そんなインスタは物販との相性がいいことから
多くの企業や個人がインスタグラムマーケティングを取り入れています。

今回は新しくインスタグラムで導入されたショッピング機能について取り上げていきます。
人物タグの商品版のようなもので非常に便利な機能です。

インスタを上手く使って集客することができれば無駄な広告費を使うこともなくなりますし
元々集客の弱い自社ショップなどを運営している方にとってはインスタは強力な武器になるので
もしまだ使ってないという方はこの機会にぜひインスタデビューとショッピング機能を
利用してくださいね。

ショッピング機能


日本のインスタグラムでも2018年6月からショッピング機能が追加されました。
それによってユーザーは投稿したアクセサリー、洋服、バッグなどの画像をタップすることで、
タップした商品の「商品名」と「販売価格」を確認することができます。

ショッピング機能導入前はユーザーをインスタグラムからショップへ誘導するために
プロフィール欄のURLをクリックしてもらい更にショップ内で検索を掛けてもらう必要が
ありました。
面倒だしややこしいしで、そこまでしてもらうのって結構ハードル高いですよね。。

ショッピング機能が導入されたことで商品が売れやすくなっています。
もちろん投稿内容次第ですけど。

後ほど導入方法を説明しますが商品ジャンルによってはショッピング機能の利用が
出来ない場合もあります。

ショッピング機能が利用できるZOZOTOWN

ショッピング機能は個人でももちろん使えます、いまいちピンときていない方は
ZOZOTOWN(@zozotown_official)のインスタグラムをスマホからチェックしてください。
※現時点ではPCからはショッピング機能は利用できません。

投稿されている画像の右上の白い買い物かごマークがあるものをクリックするとショップページへ
飛ぶことができます。

↑画像ではタグは一つですが最大5つの製品のタグ付けが可能です。

ZOZOTTWON以外にも多くの企業や個人がショッピング機能を導入してECショップの
運営をしているのでスマホからインスタグラムをチェックしてください。

ショッピング機能が使えるECサイト

・カラーミー
・Makeshop
・STORES.JP
・ミンネ
・クリーマー
・BASE
・BUYMA

アマゾン、楽天、ヤフーショッピングなどは今のところショッピング機能の対応は
していませんが今後、導入されることが予想されますのでインスタグラムだけでも先に初めておく
ことをオススメします。

ショッピング機能の利用審査

ショッピング機能の利用をするにあたり以下の条件を満たす必要があります。
完結にまとめると
・インスタグラムのアカウントをビジネスプロフィールに変更
・FASEBOOKページと接続
・FASEBOOKページに商品を登録
という流れになります。

正式な条件を載せておきますね。

・ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している
・Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みである
・Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている
・Facebookページでショップセクションを追加もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している(あるいはBASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する)

利用申請はとても簡単で上記条件を満たしていれば通常審査は1~3日以内に完了します。
※但し、2018年8月現在、利用者殺到中らしいので審査日が多少前後することもあります。

コマースポリシーに該当する商品はショッピング機能の利用ができないので事前に確認してください。

僕自身、自社サイト毎にインスタグラムを利用しておりショッピング機能も実装しているのですが
なんどやっても審査が下りないアカウントがあります。

恐らく商品ジャンルの問題だと思うのですがコマースポリシーに該当するような
危険でいやらしい系の商品としてみられてるのかもしれません(泣

アクセサリー、洋服、バッグ、靴などは簡単に審査通るので安心してくださいね。

まとめ

集客方法としてはインスタグラムは力を入れるべきSNSのひとつですし
インスタグラムを使って爆発的に売上につなげている方もでてきていますので
ぜひ、あなたもインスタグラム活用してみてくださいね。

ピックアップ記事

  1. 単純転売には不安がつきもの
  2. アマゾンアカウント再取得をしよう
  3. 外注さんの離脱率は高い
  4. アリババ創業者ジャックマー
  5. 趣味の分野で成功できない人

関連記事

  1. アパレル

    スナップショットは購入後のイメージを掻き立てる

    アパレル販売の商品画像は欲しいと思わせないと意味なしって話。&…

  2. アパレル

    インスタグラムから流行をリサーチ

    こんばんわ、伊藤です。アパレル販売儲かってますか??ア…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. アパレル

    モデル着用画像&ページの作り込み
  2. アリババ

    アリババ1688.comでも画像検索機能が搭載
  3. amazon

    アマゾン売上げロック
  4. CHINA

    中国政府の監視の目
  5. CHINA

    中国商品に完璧な検品を求める
PAGE TOP