貿易

【中国輸入】50平米で年間3万元


人気ブログランキングへ

応援お願いします!!

伊藤です。

 

前回の補足情報についてです。

自由貿易区内に事務所や倉庫を借りることで「賃貸借契約書」をオーナーから発行して貰えます。

ちなみにこの書類があれば、事後申請で会社を設立することができます。

 

 

さて、自由貿易区での事務所や倉庫の借り方、費用についてお話します。

まず、倉庫ですが50平米で年間3万元。日本円で大体51万円ほど。

月間4万2500円ほどです。安くないですか?

 

 

日本に倉庫をを構えるよりよっぽど安いですよね。

人件費も安いです。正社員でも平均月収は月給4000元程度。

日本で言えばアルバイトを雇う程度なのでランニングコストを考えたらかなり安いです。

 

自由貿易区で

・税金の免除が受けれる

・通関が安易になる

・巨大な中国市場を狙える

というメリットを受けれてこの安さはとても魅力的ですね。

 

 

ですが、不動産を借りるのが至難の業・・・。

実は、アメリカやヨーロッパと違い中国には自由貿易地区のような

特殊な地域専門の不動産屋というのは存在しません。

 

 

ですから、「コネクション」が物をいいます。ただ、ここでよく「騙された」という話を耳にします。

信頼できる会社であればいいですが、「中国人が日本人を騙す」だけでなく

「日本人が日本人を騙す」という事もよくあると聞きますから注意してください。

 

 

もし、必要であれば僕の現地パートナーに法人設立や企業間紛争等を専門と

している弁護士もいるので紹介しますね。

ピックアップ記事

  1. 楽天ショップを使ったリサーチ
  2. ノーブランド品はカラーミーとBASEどちらで販売?
  3. ebayで日本の中古品を販売
  4. アリババ創業者ジャックマー
  5. 技適マークが必要な商品と取得方法

関連記事

  1. 貿易

    天候が原因で発送遅延

    人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします!!&n…

  2. 貿易

    メーカー側になってみる

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  3. 貿易

    中国パートナーが辞めました

    人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします!!伊藤…

  4. 貿易

    ターゲットは個人だけじゃない

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊…

  5. 貿易

    荷物の税関検査

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!伊藤で…

  6. 貿易

    世界の不思議な文化

    人気ブログランキングへ応援宜しくお願いします!!&nb…

コンサル生の声

コンサル生の声

個別サポート

個別サポート

LINE@

LINE@

Instagram

YouTube

YouTube

メルマガ

最近の記事

特集記事

  1. 多店舗展開

    ハンドメイド専門アプリのミンネと中国商品
  2. タオバオ

    タオバオリサーチ
  3. スマホアプリ

    中国商品をフリマアプリで販売
  4. ヤフオク

    ライバル少なく価格も安定しやすいヤフオク販売
  5. 物流

    複数の配送業者を使う理由
PAGE TOP