誰でも出来る中国輸入で永続的に結果を出し続ける方法

【中国輸入】外注の育て方

2014.10.23

【中国輸入】外注の育て方 はコメントを受け付けていません。


人気ブログランキングへ
応援宜しくお願いします!!

伊藤です。

楽天で新ジャンルのショップを
出店したのでスタッフや外注さんの教育に
力をいれているのですが

 

これまたコンサルみたいなもんで
色々と大変です。

 

今回は専門的な知識が必要な商材なので
商品知識について調べることも多く四苦八苦しながら
頑張ってます。

 

商品知識がついてくるとリサーチの幅が
広がりますからね。

 

雑誌みたり自分で実際に使ってみたり。
そういうの凄く大事だなと改めて思いましたね。

この辺は次回書くとして、、、

 

今日のテーマは
【ステップ毎の作業】
について書きます。

 

外注を使って
リサーチ、出品作業、商品登録等
していると

 

最初から100%の完成度を求め
やすいんですけど、

これだとなかなかうまくいかない。

 

例え、私はリサーチに自信があります!
という人でもやらせ見たら
全然ダメっていう人多いし。

 

最初から信用しちゃダメ(笑

 

例えば

商品リサーチをお願いする時にも
最初から2000円以上の商品を
探してきてというより

 

リサーチして欲しい
セラーのページURLを渡してその中から
探してもらうとか

 

差額を少し下げるとか
少しづつハードルを上げて作業を
お願いした方が作業する側もやりやすいと
思いません?

 

マニュアル渡されて
理解しているつもりでも
【分かる】と【出来る】は違うし

 

いきなり難易度の高い作業をお願いされても
モチベーションが下がって悪循環でしょう。

 

つい先日も問い合わせで
商品登録作業が中々思うように
進まないという人から相談を受けたんですけど

 

聞いてみると全ての作業を
最初からやってもらおうとしてるから
うまくいかない。

 

このケースでの改善点は

商品選定 ⇒ 商品登録(カテゴリー、タイトル、キーワード、説明文、画像)

 

細かく分けるとこのような作業があるので
商品選定、カテゴリー、タイトル、キーワードを決める作業は
最初の10個まではこちらで決めてあげて

 

その他の部分をお願いするというような感じで
進めていったほうが外注さんも覚えやすいです。

 

10個でも登録していれば
商品の系統も理解できるし
タイトル、キーワードも何となく

 

「こんな感じで決めていけばいいのかな?」って
分かるようになります。

 

慣れれば簡単な作業でも
始めてやる作業は難しく感じますから。

ポイントは【ステップ毎に作業】を
少しづつこなしてもらう事です。

関連記事

コメントは利用できません。