誰でも出来る中国輸入で永続的に結果を出し続ける方法

【中国輸入】アパレルOEMで失敗した件

2017.05.03

【中国輸入】アパレルOEMで失敗した件 はコメントを受け付けていません。

夏物商品の準備はできていますか?
 
水着など売れ始めてますー。
まだこれからって人は仕入れ急いでくださいね。
今ならまだギリ間にあいます。
 

倉庫を整理していたら過去にOEMをして
失敗したアパレルの数々がでてきました。
 

先に結論言っときます。
OEM販売するならアパレルは
おススメしないよって話。
特に最初は。
 

話を戻しますが大量在庫になった商品は
元々サイズ展開がある商品をFREEサイズにしたんです。
 

SKUの管理も楽だしその方が回転率も上がるだろう、、
と思っていました。
 
でも、実際に販売してみると
思った程、売れませんでした(泣
 

その商品は当時、
楽天で販売していたのですがレビューには、
 
ブカブカでした、
ぴったり着こなせません、
サイズを増やしてほしいです、
 
などの声が続出してページも育たずお客さんが
離れていくという悪循環へ。
 

その原因は工場へオーダーする際、
FREEサイズだけど幅広い体系の人が着れるように
少し大きめに作ったことが一番の失敗でした。
 

購入者目線に立たず売り手のメリットのみを
追求した結果が失敗に繋がるという
典型的な失敗パターン。
 

もちろん僕は失敗しただけでFREEサイズ展開にして
成功している商品は多くあります。
 

ただ微妙なサイズ感とターゲット層が
しっかりハマらないと当時の僕のように失敗します。
 

アパレル販売では、サイズを絞るよりも色を
増やすよりもサイズ展開を増やした方が売上は伸びます。
 

サイズを増やせば幅広い体系の人が自分に合ったサイズを
キレイに着こなせるようになりますから。
 

そういうことも当時は全く無知でしたから
いい勉強にはなりました。
 

ですから、初めてのOEM販売では
アパレルOEMって難易度高めだし費用も掛かるので
 

先入観を捨ててアパレル以外の様々なジャンルを
みてからOEMする商品の選定をしていくと
いいよと言ってます。
 

もちろんアパレルでもタグを変えるだけとか
そういう簡易的なものはやった方がいいですし
 
アパレルの中でも通年通して売れるもの
小物系、ベルト、バックなどはニーズがあるなら
OEMしやすいのでいいと思いますよ。
 

アパレルは季節毎に新作デザイン
が次々とでてくる業界ですから

ライバル達と差別化をしようと思ったら、
直接現地に行ってまだネットに出回ってない、
 

新作をいくつも仕入れて販売する方が、
一つの商品をOEMするよりも費用対効果もいいです。
 

参考になれば!

少しでも為になったと思ったらポチっとお願いします。
中国輸入の有益な情報も多いので探してみてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


 

追伸:1
出品規制対策をしたメルストライクが「プロストライク」としてリニューアルしました。
フリマアプリ業界でトップレベルのツールを確かめてみてくださいねー。
プロストライク
 

追伸:2
LINE始めました!
良かったら登録して頂けると嬉しいです。
友だち追加

関連記事

コメントは利用できません。

誰でもできるebay輸出ブログ

誰でもできるebay輸出ブログ